岐阜県白川町
移住・交流サポートセンター

木元幸司さん
 永里子さん

出身:岐阜県瑞浪市
仕事:会社員
移住年月:2015年2月

 移住したきっかけは仕事ですね。以前の職種とは全く違うんですけど、知り合いを介して今の社長と出会いました。「神棚をつくる会社」と聞いてそれに興味があって。

こちらにきていちばん最初に思ったのは「すごい星が綺麗」。もう、びっくりしたね。あと食べ物が美味しいですよね。近くのスーパーは意外と魚とかも美味しくてびっくりしました。近所の方からもいろいろいただいたりして、なんか懐かしいじゃないけど…そういう気持ちになりますね。来てすぐには祭りの篠笛とかもやらされました。笛を「はい」って渡されて…(笑)新鮮で楽しかったですけどね。田舎ならではの人との関わりを嫌だって言う人もいるでしょうし、大好きっていう人もそういないと思うんですけど、良くしてくれてるのがわかるのはうれしいですよね。あと移住してから余裕ができた事が嬉しくて、時間にも心にも。

苦労したことは、歩いて行けるお店がないとか、それぐらいでしたね。

 余裕ができるとは思います、自分に。だから自分が今まで見えなかったことが見えたりするような気はします。

あと、こういうとこ来るとだいたい農業をメインでっていう人が多いと思うんですけど、そうじゃない移住の仕方っていうのもあると思うんですよね。私はそうじゃなかったから。選ばなければ働くとこはあるとは思うんで。ただ、ゆとりは大事ですよ。ゆとりがあるかないかで物の見方が変わってきますね。一生懸命っていうのは大事なんですけど、自分に余裕がないとやっぱり何かっていうときに対応できないっていうのを感じます。